Top > ククリ刀

ククリ刀
HTML ConvertTime 0.026 sec.
分類兵科共通格闘武器)
解除条件各兵科ランク17

折れ曲がった形を持つネパールのククリ刀は、特に断ち切ることに優れたナイフである。第二次世界大戦中にイギリス・グルカ兵連隊の精鋭が使い、その名が広められた。

特徴、アドバイス、補足 Edit

武器紹介 Edit

ククリ刀またはグルカナイフはグルカ兵が使うことで知られるナイフ。
武器と言うよりはナタなどのように農耕や家事、狩猟などで使う汎用的なツールとしての側面もある。
柄の近くの刀身の根元にあるM字のくぼみはチョーと言い、敵の刃物による攻撃をここで受けて防ぐなどに使われる。


グルカ兵はネパールの山岳民族出身者で構成される山岳戦・白兵戦に長けた戦闘集団である。
命令に忠実で勇猛さにおいても名高いグルカ兵は、1人で元グルカ兵が40人の武装強盗をククリ刀で追い払っただの、検問所に襲い来るタリバン兵を撃退しただの、フォークランド紛争で彼らの部隊が戦場に居るということ聞いた、近くのアルゼンチンの部隊が逃げ出した等、逸話に事欠かない。
結論を言えば、間違ってもグルカ兵を敵に回してはいけない。


グルカ兵のルーツはネパール山岳諸民族達である。かつてネパールは近隣諸国とも覇権を争うほどの国であり、彼らは山地においては無双とも言えるほどの優秀で生粋の戦士であった。
ネパールは領土広げつつはあったが、イギリスの東インド会社軍と衝突し2度の戦争を経てネパールが折れる形で講和が結ばれた。
イギリスにとってヒンドゥー教の多いインド兵はカーストや戒律の都合上運用が難しく、戒律に縛られないグルカ兵は前述の性質も有り傭兵としては最適だった。
その後はイギリス植民地軍において重要な位置を占めるようになり、第二次大戦などにも参加して日本軍とも戦っている。
現在でもイギリス軍に所属するグルカ兵もいるが、産業が乏しいネパールの事情から元兵士が登山客相手にシェルパで生計を立てていたり、自国で働くよりも高収入を得られる事から海外で傭兵などとして活動する者もいる。

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 今作もこいつで行こうと思います -- 2018-12-16 (日) 23:18:41
  • 映画バイオハザードでカッコよかったので使ってます。投げたい -- 2018-12-19 (水) 00:41:48
  • M字のとこってま○こモチーフじゃなかったけ? ま○こで刃を受けるのか… -- 2019-02-09 (土) 23:05:02
    • 俺の記憶でもM字のところはま◯ん子だったような希ガス てか刃を受けられるま◯んこって固くね? -- 2019-04-02 (火) 09:27:15
    • まん〇だったりカーリーのクリだったりシヴァのチン〇だったりと諸説あるよ -- 2019-04-03 (水) 13:33:41
    • お ま ん ◯ こ こ わ れ る -- 2019-09-10 (火) 19:23:53
    • 自分が聞いた話だと、切れ味を鋭くするまじないとして付けられてるらしい。 -- 2019-11-02 (土) 15:55:30
  • ζ -- 2021-02-15 (月) 23:56:49
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

全ページのコメント欄について改行は非推奨です。
ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。
コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。