Top > スコップ

スコップ
HTML ConvertTime 0.037 sec.
分類兵科共通格闘武器)
解除条件各兵科ランク12

少しでも戦い慣れた兵士なら、スコップは単なる穴掘り道具以上のものだと語るだろう。白兵戦では効果的な武器となり、一部の兵士はスコップの縁を砥いで刃にしていた。

特徴、アドバイス、補足 Edit

武器紹介 Edit

スコップである。コイツをシャベルと呼びたい奴もいるだろうがそれについては後述する。
柄と柄の先端に取り付けられたスプーン状の頭部からなる、穴掘りやら土砂等を移動させるのに用いる道具の総称。
漢字では円匙(えんし、または旧軍慣用的にえんぴ)という。


もっぱら土木作業用の道具であるが、柄があって金属製の頭部を持つため武器としても使える。
一次大戦中は塹壕掘り用に広く配備されていたため割とポピュラーな格闘武器であり、殺傷力を増すために刃が研がれていることもままあった。
但し「一次大戦で一番人を殺したのはスコップ」というのは流石に尾ひれが付きすぎた話であり、スコップがメイン武装化したのはどっちかと言えば二次大戦中のモスクワ攻防戦である。
こちらも尾ひれが十分に付いているが。


現代の軍隊でもあくまで土木作業用にスコップは欠かせない装備である。
ただ元共産圏ではスコップで戦うことも想定してスコップ術なるものを編み出したり、
特に中国では軍用スコップとしていやに多機能なスコップを開発してたりする。武器紹介動画はそれである。正直一つ欲しい。アマゾンで買えるが一万円かあ・・・。


スコップとシャベル(ショベル)、どちらが正しいかというと喧嘩が起こってしまうのだが、
基本的に西日本では大きなものをシャベルと呼び、小さなものをスコップと呼ぶ。
東日本では大きなものをスコップと呼び、小さなものはシャベルと呼ばれる。
JIS規格的には西日本のほうが正しいのだが、そもそもスコップがオランダ語、シャベルが英語という違いしかなかったりする。
問題は今作に登場するコイツはスコップともシャベルともつかない微妙なサイズと形状を持っていることである。

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • BF1で愛用してたリボルバー1発当てからのスコップコンボ健在でよかた、 -- 2018-11-27 (火) 16:54:28
    • このコンボが健在なだけでもリボルバーとスコップの価値があると言うわけですよ -- 2018-11-29 (木) 03:34:30
  • 援護兵と抱き合せで使ってる。理由?穴堀りとかに必要だろ← -- 2018-12-06 (木) 09:04:40
  • これで殴る時には大体てめぇはもうおしまいだああと思いつつ殴っている -- 2018-12-09 (日) 18:06:11
    • やめろっていったんだ・・・・・・ こいつはただ自分の身を守ってるだけで、こいつにはこいつの命がある(横槍でテイクダウン失敗) -- 2018-12-09 (日) 19:05:42
    • 文明の利器バンザイ と思いながら殴ってます。脳天に振り下ろしてOHANASHIすると、敵兵がすぐおとなしくなりますよ。 -- 2018-12-31 (月) 02:31:32
  • もっとホンシツをみようよ、なるほどくん。 -- 2019-01-20 (日) 05:56:12
  • 名無しの東洋人「スコップを武器にするのはスペツナズでも訓練したはずだ・・・」 -- 2019-01-20 (日) 19:06:00
  • 名無しの東洋人「スコップを武器にするのはスペツナズでも訓練したはずだ・・・」 -- 2019-01-20 (日) 19:06:04
    • 連続送信すまん -- 2019-01-20 (日) 19:14:13
  • 正直つるはしやクップクップの方が、窓に作られた木製バリケードを壊せるし視界も良好だからゲーム終了する直前に変えるんだけど、就寝時布団に入って暫くすると「本当にそれでいいの?」と言う発想が頭を離れなくて、起床時ゲームを起動させてスコップを装備している生活が5日間ほど続いています。多分呪い -- 2019-01-20 (日) 23:08:40
  • 書いてもらっててこんなこというのはなんだけど説明文が話し口調すぎないかな? -- 2019-01-21 (月) 01:11:23
    • これBF1wikiのコピペやで -- 2019-02-09 (土) 01:25:03
      • w -- 2021-02-15 (月) 23:55:16
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

全ページのコメント欄について改行は非推奨です。
ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。
コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。