Top > Iwo Jima

Iwo Jima
HTML ConvertTime 0.067 sec.

マップ | Hamada | Aerodrome | Twisted Steel | Arras | Devastation | Rotterdam | Narvik | Fjell 652 | Panzerstorm | Mercury | Al Sundan | Marita | Lofoten Islands | Provence | Operation Underground | Iwo Jima | Pacific Storm | Wake Island | Solomon Islands | Al Marj Encampment |


マップ.jpg

太平洋戦争末期に日本軍とアメリカ軍との間で行われた「硫黄島の戦い」を舞台とするマップ。

分類マップ
実装日2019/10/31
タイトル名和訳硫黄島
時期1945/2/19~1945/3/26
場所東京都硫黄島村小笠原諸島硫黄島
地形太平洋の島
戦闘大日本帝国.pngvsアメリカ.png

概要とポイント(コンクエスト) Edit

F96BEF7A-EDEB-487E-951B-6CB48E6A73FF_0.jpeg

解説求む
戦車2台 航空機3機  アメリカにLCVT数台
T字路の様な形をした変わったマップ。マップ右側からF〜Aと綺麗にならんでいる。基本的に両HQから1番近いFで戦車を含む両軍が接敵し、高低差的に、高い日本が撃ち勝つ事が多い。

概要とポイント(ブレークスルー) Edit

日本軍の防衛線は5つでアメリカ軍のチケットは400。BF1のMONTE GRAPPAに近い印象。

  • 第一区画
    アメリカ:初期装備LVT2台×2 航空機3機   日本:航空機3機
    揚陸艦からLVTLCVPを用いて上陸・攻撃するアメリカ側と、それを迎撃して防衛する日本側に別れるフェーズ。
    上陸地点には既に2隻の揚陸艦がビーチングしており、その他浜辺に展開した先遣隊の物資や兵器の残骸を頼りにアメリカは正面から上陸することとなる。
    第一フェーズでは開けて平らな地域と思いきや存外に日本側のほうが盛り上がった地形になっており、基本的にアメリカ側は日本側から撃ちおろされ続ける形になりやすい。
    このためLVTでの立ち回りが極めて重要になりやすく、逆に日本側はLVTや浜辺に上陸したLCVPを迅速に撃破することがこのフェーズでのポイントとなる。
    防衛側には九三式重機関銃九五式小型乗用車でけん引可能な6ポンド砲が配置され、コンクリート製の砲陣地に守られた十年式もあるため、これらを用いて可能な限り上陸前にアメリカ軍を削るのが重要になる。
    なお、日本軍がこのフェーズでやっておくべき重要な仕事として、ビーチの全域に渡って建築可能な"竜の歯"を可能な限り建築することが推奨される。
    援護兵のコンバットロール、工兵を使うと一度クリックするだけで一つのバリケードを作る事ができるので、これを作っておくと第一フェーズを突破されたとしてもアメリカ軍の戦車の行動を大きく阻害することができる。
    開始直後には対戦車地雷を撒いて上陸してくるアメリカの妨害などをすることも可能だが、アメリカ軍が上陸してくるまでの1分足らずの時間でどれだけバリケードを作れるかが以降のフェーズでの攻略難易度に関わってくる。
    これを建築するとアメリカ軍側は次のフェーズで戦車が前進するためのルートが限られ、一つの竜の歯を壊すのに戦車砲でも数発を使わなければならず、かなりの時間を足止めされることとなる。
    もし建築している人を見かけたら協力してバリケード作りを手伝ったり、発煙弾などで建築している人を守ってあげよう。竜の歯は二列並んでいるが、一列だけでも完成すればそれなりの効果が期待できる。

  • 第二区画
    アメリカ:戦車4台 航空機3機    日本:戦車1台 航空機3機
    日本軍が待ち構えていた岩石群を上った先にはこぶのような形の岩に置かれたA拠点と、分厚いコンクリート製のトーチカに守られたB拠点があり、第二フェーズではこれらを奪い合うこととなる。
    このフェーズは日本軍から見て射線の通る場所が多く、アメリカ軍にとってはここが最大の難所になるケースが良く見られる。
    やみくもに正面から前進すると高台が多い地形上狙撃されやすく、同様に戦車も愚直に前進すると蜘蛛の巣のように張り巡らされた塹壕を使って肉薄してきた突撃兵から攻撃されることは避けられない。
    第一フェーズで使用できた十年式も引き続き使用できるため、衛生兵発煙弾グレネードライフルの煙幕弾を活用して前進することが必要となる。
    このフェーズからは日本軍も戦車を一両出すことができ、専門技能で強化された九七式中戦車などが居ると心強いだろう。
    アメリカ軍も専門技能が適用されないLVTではなくシャーマンなどを出す事もできるようになるため、これらの戦車の突破力も活かしたいところ。注意したいのは、前セクターで揚陸艦の前に防衛側プレイヤーが対戦車地雷をセットしてリスキルを狙っている場合がある。一度地面を撃って確認すると安全だろう。
    もし第一フェーズで海岸線を横切るように全ての竜の歯を建築できていた場合、アメリカ軍はここでもたもたすることとなり、日本軍側の航空機は浜辺から進めないでいる戦車を集中的に攻撃することができれば味方の防衛を大きく助ける事ができるだろう。
    この部分でもバリケードが作られているとアメリカ軍の戦車は日本戦車を追撃することが困難になるので、いかに第一フェーズで時間を稼いで守りを固めるかが今後に響くかがわかる。
    対するアメリカ軍が攻略を迅速に進めるには日本軍のリスポーン地点からなるべく遠いほうから進軍するのが有効となるので、アメリカ軍側から見て右端、日本軍の本拠地の反対側から攻めるのがよい。
    ここから前進し続けられれば比較的安全にA拠点に取りつくことができ、さらに飛行場側まで浸透することができればアメリカ軍も塹壕を使って安全にB拠点まで進むことができる。

  • 第三区画
    アメリカ:戦車3台 航空機3機  日本:戦車2台 航空機3機
    洞穴のある岩山を擁したA拠点を取り合うフェーズ。
    第二フェーズより更に開けて平らな地形が戦域となるため、引き続き日本側が撃ち下ろせる地形であるのも相まってアメリカ軍にとっては隠れる場所がない。
    ただし伏せれば隠れる程度の草に戦闘エリアの殆どが覆われており、アメリカ軍から見て右端の飛行場側の地形は比較的高低差もあるのでここから進軍するのは容易い地理にある。
    正面からだけでなくアメリカ軍から見て左側から前進することでA拠点の洞穴に入れるトンネルもあり、防衛側はいつの間にか浸透されないよう全体を見るのが重要となる。
    戦闘エリアの中央には戦車の補給ポイントがあるが、ここまでアメリカ軍が前進できると日本軍にとって洞窟の外を守るのは難しくなってくる。
    可能な限りそこにたどり着くまでに迎撃しつつ、岩山の洞窟に時折侵入してくる敵を防ぐのが日本軍の基本的な戦い方。
    戦車にとっては隠れる場所が少ないので遠距離から砲撃し続けるだけになりがちだが、ここはしっかりと前進して山の上の日本軍を排除し続ければ円滑に進めるフェーズでもあるので、航空機と戦車が強引にでも押し進むことで以降のセクターで使えるチケットを温存できる。
    防衛側で注意すべきは対空砲。前セクターのA付近高台にあるのだが、防衛側航空機のリスポーン地点に近いため、加速し切る前に狙い撃ちされてリスキルされやすくなっている。飛び立ったら迂闊に高度を上げずに対空砲から離れるように旋回しよう。

  • 第四区画
    アメリカ:戦車2台 航空機3機   日本:戦車2台 航空機3機
    険しい岩山の中に作られた洞窟の中にあるA拠点と、墜落した輸送機のある高台のB拠点を取り合うフェーズ。
    拠点間はそれなりの距離があるため同時に守るというのが難しく、攻撃側にとっても防衛側にとっても維持がしづらいのが特徴。
    このフェーズでは日本軍も戦車を2両出せるようになるため防衛側の火力が上がる一方、米軍が使える戦車補給地点がA拠点とB拠点の間にしかない。日本側もかなり遠くの位置にあるので往復するとそれなりの時間がかかるため、無駄撃ちは避けたい。
    A拠点の周りは深い谷のような地形になっているためここを通るプレイヤーは両脇から攻撃されることも多々あり、この渓型の地形の中に補給地点があるためどちらのチームの戦車にとってもかなりのリスクを伴う。
    あえて戦車を使い捨てるように割り切って動くのも悪い戦術ではないが、乗り捨てて敵に戦車が鹵獲される事は絶対に避けるよう注意したい。
    全体的に丘の上であったり崖の下であったりと極端な高低差のある地形が多く、アメリカ軍にとっては引き続き煙幕なしで前進することが難しくなっている。

  • 第五区画
    アメリカ:戦車1台 航空機3機   日本:航空機3機
    広い洞窟の中にあるA拠点と、浅く狭い洞窟だが十年式が何基も並んだ砲陣地にあるB拠点を攻略することとなる。ちなみにこの十年式の使い道はあんまない。
    どちらの拠点も外から攻撃するのが難しい場所にあるためアメリカ軍も洞窟に飛び込む必要があるが、日本軍にとっては複数のトンネルで繋がった地形であることからかなり守りやすい地形となっており、迅速に取りつくことができなければ大きな難所となる。
    アメリカ軍のリスポーン地点からすぐ先にA拠点があるので正面から攻撃をしがちであるが、一度そこを迂回して崖の下からA拠点とB拠点の岩山の間から侵入することもできる。
    しかしアメリカ軍にとって洞窟に入るためのルートがAの正面かA-B間の岩山の2つ、あるいはB沿いの外に張り付いて直接Bに侵入するしかないので攻めにくく、ここでもやはり煙幕を用いた攻撃をしなければならない。
    なお、A拠点の洞窟は上から入れる大きな穴があり、ここを用いて九七式中戦車GSをA拠点内に入れることができる。
    ここに九七式中戦車GSが入るともうアメリカ軍にとっては正面から突破することが困難になってしまい、低い位置から発射されるロケットを避けられずトンネルの出入り口は死屍累々、地獄のような景色が広がる。
    幸い本作では戦車も補給が必要になるため一時的に洞窟内の戦車も出てこないといけないタイミングが生じるが、それまでにB拠点を確保して戦車の退路を絶てると理想的である。

  • 第六区画
    アメリカ合衆国:航空機3機    日本:航空機3機
    最後のフェーズは険しい崖に囲まれた摺鉢山(すりばちやま)の頂上にあるA拠点を奪い合う。
    占領エリアが極めて狭いので爆発物が有効であり、アメリカ軍は頂上にたどり着くまで常に日本軍から撃ち下ろされる関係で多大な犠牲を払う事は避けられない。
    それでも頂上にたどり着くまでのルートは複数あるため、地道に分隊長支援要請の発煙弾幕や方面支援砲撃を使って前進していきたい。
    やはり煙幕弾の有無が勝敗に大きく関わる部分であり、衛生兵の多いチームは粘り強く戦えるため勝利を得られるだろう。
    ここまで来ると日米ともにT34カリオペ九七式中戦車GS以外の戦車を使うことができず、地形的にも攻撃しづらいので歩兵の戦闘力と航空機の殲滅力が頼りとなる。
    ここにたどり着くまでに貯めてきた要請ポイントを使って大きな一撃と共に前進するも良し、絶え間ない砲撃で敵チームを占領エリアに留まらせないのも良し。総力戦となる第六区画では使えるものは全て使って戦おう。

モチーフ解説  Edit

デタッチメント作戦はアメリカ軍を主力とする連合軍による硫黄島攻略作戦である。硫黄島は中継飛行場として、また本土爆撃に対する警戒網の一つとして非常に重要な役割を持っていた。日本軍は島から住民(こんな僻地にも作戦前まで千人以上の人々が集落を作り暮らしていた)を退避させ、来たるべき連合軍に備えるため兵力が増強さた、その中にはオリンピック馬術選手として有名だった西竹一(最終的に硫黄島で戦死)もいる。日本軍指揮官栗林忠道は今までの結果から日本軍の水際戦略が無効果であると考え、より引き下がって時間を稼ぎ少しでも米軍に犠牲を与えるように指示を出した(この考えは反発も多く、水際作戦に固執した海軍の防御陣地は上陸初日に崩壊した)
2月16日、連合軍は入念な準備砲撃の元、上陸を開始。しかし島のほぼ全域を覆う地下道に潜み凌いだ日本軍は所狭しと海岸にひしめく連合軍に反撃を開始、臼砲や戦車、噴進(ロケット)砲を駆使し、また設営されたアメリカ軍陣地には連日連夜決死のハラスメント攻撃が行われた。連合軍にこれまで以上の損害を与えた。なんと日本軍守備隊より多い戦死傷者数を出したのである(戦死者は日本側の方が多く、ほぼ全滅である) 硫黄島の戦いは3月26日の最後の日本側の反攻作戦を持って終了したが残存日本兵はその後も抵抗を続け、最後の生存者が捕虜となったのは何と1949年の事だったと言う。

ちなみにVで舞台となっているのは海軍の水際防衛陣地から千鳥飛行場、摺鉢山陣地までである。この一帯は上陸初日から特に激しい攻防が繰り広げられ、摺鉢山の頂上に最初に星条旗が立ったのは23日の事だった。あと余談だが硫黄島は現在は日本国領土であり、BF民の中にも「一生に一度は硫黄島に行きたいなぁ」と言う人もいるかも知れないが、現在、硫黄島に行く事ができるのは自衛隊関係と硫黄島の戦没者遺族等しか行く事が出来ないらしい。

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • ブレークスルー攻撃側で2フェーズ目攻略完了直後に拠点の対空砲を3フェーズ目拠点まで運ぶと航空機を潰せる(なお2フェーズ目突破できない模様) -- 2020-12-26 (土) 16:16:51
  • ブレークスルーアメリカ側で第一区画と第二区画初期リスから索敵スコープ覗いてスポットしまくるの楽しい。(勿論一人分隊鍵掛けて)大体数の人が上空見てフレア探してる姿を見る。解ってる人はスモークバンバン使って何とかスポット解除してるのを見る。スポットポイントとスポットアシストポイントウマウマ。相手側は常時スポット状態はプレッシャーあるだろうな~。 -- 2021-02-03 (水) 15:23:44
  • ここのブレークスルー初めてやったけどめちゃくちゃGGになって負けた。攻めだったけどそれまでの試合で圧勝続いてるチームだったからやっぱり防衛有利なのかな。 -- 2021-02-12 (金) 10:00:47
    • 2と5セクターがかなりキツいからね。特に第5セクターはロケットも砲撃も効果薄いし航空機も手を出しにくいし歩兵だけで突破しないといけないようなもんだから勝てないのは当然。むしろ攻撃勝っちゃうのはまずいレベルよ。 -- 2021-02-12 (金) 11:54:34
  • コンクエでここやるときは揚陸艇乗ってEかA近くの浜辺でお留守番してるんだけど誰も復活してくれなくて辛い -- 2021-05-23 (日) 00:56:13
  • コンクエの対空砲の悪意しかねえ配置笑うわ。まともに使えるの初動くらいだろ -- 2021-05-25 (火) 13:19:53
    • 船の先端とか完全にトロフィー稼ぎ向けの処刑台というかアリ地獄、陸にあるのは砂とタンクの餌 -- 2021-06-11 (金) 04:01:54
    • Eあたりの十年式と砂に気を付ければ飛び立った瞬間の零戦落とせるくらい射程長いから山の裏と海側以外キルゾーンと化すくらい強いぞ。やばくなったら海に飛び込め -- 2021-07-20 (火) 19:37:59
      • むしろ対空砲の配置fjellの次くらいにエグいから上手い奴が両方にいると空から航空機消えることない? 枝主 -- 2021-07-20 (火) 19:43:40
  • ブレークスルー攻め側1.2セクターキツすぎてその先進んだことない -- 2021-06-21 (月) 18:03:30
    • このマップ第2セクターで味方芋砂ばっかの時点で半分負けたなっと思う自分がいる -- 2021-07-07 (水) 11:13:08
    • 一回だけアメリカで勝ったことある…なおその後 -- 2021-08-18 (水) 13:20:24
  • Prime Gamingでこのゲームを無料入手した人もたくさんいると思うので、アジアサーバーで一番よく見かけるであろう硫黄島のブレークスルーについて解説を書き足しました。前の解説はちょっと情報不足で読みにくいなと思っていたので書き換えましたが、前の文章はコメントアウトで残しているので何か問題があったり不満があれば差し戻して頂いても大丈夫です。少し長文になってしまい申し訳ないです。 -- 2021-08-03 (火) 17:56:05
    • ビークルの台数について加筆しました。分からない部分もあるので硫黄島行った方は加筆お願いします。 -- 2021-08-03 (火) 22:17:39
  • ここのブレイクスルーは動かないとほんとはぁ…ってゲームになるな、防衛側でも適度に進んだほうがいいという皮肉 -- 2021-10-03 (日) 12:59:44
  • ここのコンクエ日本側でBoys担いで浜のリス地じゃない揚陸艦に行くと割と簡単に装甲の薄いLVTを撃破できる -- 2021-10-21 (木) 20:23:53
  • 第五ウェーブまでは神マップ -- 2021-12-02 (木) 10:27:07 New!
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

全ページのコメント欄について改行は非推奨です。
ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。
コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。