Top > 九三式重機関銃

九三式重機関銃
HTML ConvertTime 0.030 sec.

フランスの設計に基づくこの重機関銃は、第二次世界大戦中の機関銃としては最大のものの一つで、主に日本海軍において対空兵器として用いられた。

分類固定武器
製造国大日本帝国.png 大日本帝国
連射速度400rpm
装弾数∞(OH:67発)
ダメージ(最大-最小)52-27
ダメージ
(減衰開始-減衰終了距離)
17-120
空気抵抗0.0025
重力落下12m/s2
弾速480m/s

特徴、アドバイス、補足 Edit

日本軍援護兵が建築できる本当に安定するのか疑いたくなる固定機銃。欧州戦線のヴィッカース固定MG34では性能差があるが、こちらはM2重機関銃全く同じ性能をしている。
欧州の固定機銃で使用するただのライフル弾と13.2mm弾の差は歴然…と言いたいがその差はたったの2ダメージ弾が不良品なのか惑星BFの民が固すぎるのか
劣化した点もあるが3発キルの射程は太平洋戦線の物の方が長い。また、連射速度も400rpmとかなり低いがオーバーヒートまでの弾数は67発。土嚢や薄い壁ならやすやすと貫通するので壁の向こうの敵を倒すのにも使える。
但し集団には連射速度が足を引っ張って対応しにくいので各個撃破を心がけよう。

兵器紹介 Edit

九二式重装甲車に搭載されていた九二式車載十三粍機関砲が原型で、地上での防御兼対空用に開発された。なお、九二式重機関銃が原型とされている場合もある。両者は共にホチキス機関銃に分類されるものである。原型銃と異なり、ピストル型の銃把と直線に近い銃床が着き、従来の重機関銃と比べて対空用に使用した際に安定度が向上した。口径が大きく装甲の薄い戦闘車両にも威力を発揮した。当初は単装三脚式銃架のみであったが、銃床を外して引鉄部分に改造を施し二連装射台型固定式銃架も製造される様になった。後には大日本帝國海軍も艦艇と要地防御用に装備した。弾薬は13.2x96mmを用い、九二式車載十三粍機関砲やオチキス13.2mm重機関銃と共用できた。
といった説明と共に紹介される事も多い本銃であるが、実際は陸軍が準制式採用したホ式十三粍高射機関砲の単装・要地防御型の形態、或いは海軍の陸上基地に配置されていた後述の九三式十三粍機銃の同形態を陸軍の制式採用銃として誤認したものである。ホ式十三粍高射機関砲は海軍にも制式採用されており、海軍では九三式十三粍機銃(重機関銃、ではない)という名称で国産化も行われた事から、より混同・誤認が広まった。その為、使用弾薬の説明も「九二式車載十三粍機関砲と共用可」とされている場合や、海軍の弾薬である「九三式実包を用いた」とされる場合もある。上記の兵器としての概要そのものは概ね正しいものの、陸軍ではホ式十三粍高射機関砲は準制式の輸入品の地位に留まり、制式採用・国産化には至らなかった事から、陸軍の兵器としての九三式十三粍重機関銃なる銃は存在しない 事に留意されたい。(Wikipediaより引用)

コメント Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • なんか既視感あると思ったらBF1の機関砲に似てるな -- 2019-11-01 (金) 23:53:22
  • マドセン、、 -- 2019-11-08 (Fri) 23:34:26
  • 硫黄島の手紙で航空基地を守る対空機関銃として出てたね。 -- 2019-11-26 (火) 17:32:11
  • 完全に空気 -- 2019-12-03 (火) 20:43:40
  • スリガオ海戦あたりの扶桑とか山城の甲板に大量配置されてたやつ? -- 2019-12-06 (金) 20:32:47
  • 照準のせいかイマイチ当て辛い -- 2019-12-17 (火) 22:00:34
  • 硫黄島D拠点にあるこいつは、結構強い -- 2020-09-22 (火) 13:45:47
  • たまたま航空機に当てれたが対空機銃のくせに3ダメだと?… -- 2020-12-31 (木) 22:46:08
  • なぜか照準器が折りたたまれて狙えないバグがある。まぁ画面中央にしか弾は飛ばないので慣れればむしろ無い方が狙いやすいかもしれない -- 2021-06-24 (木) 16:45:54
  • サイト見ずら過ぎるだろ -- 2021-09-15 (水) 13:23:13
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

全ページのコメント欄について改行は非推奨です。
ガイドライン←コメントを書き込む前に1度、目を通してから書き込みを行ってください。
コメントアウト(非表示)・削除・通報・修正対象等についての記述が記載されています。